忍者ブログ
 手前ブログとしては勿論、ホームページの感想等を書いて頂けると幸いです。
350 349 348 347 346 345 344 343 342 341 340
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そういや、昨日。女性が土俵に乱入ってな事件が有ったらしいのですが。





規則やルールを守らずに自らの叶わぬ意見だけを主張する為だけの狼藉。言語道断で有り、今後同じ事が起きぬ様厳しい処罰を望みます。

ですが。

僕ぁ、格式ってのは誰かを否定する為だけに存在するのでは無いと思うので、出来る事ならば、いずれ女性も土俵に上がれる様な(女性相撲では無くて、例えば大相撲の千秋楽での優勝旗の授与なんか)そんな世の中になれば良いのになぁと思いますね。

コレって差別じゃないか?と言われる女性もおりますが、まず大前提として格式と伝統を重んじた仕来りと云う概念が有り、その概念をとっぱらった「性差別」という言葉でモノを考えてみると、もしコレを差別と呼ぶのならば、恐らく「女性専用車両」も「レディース割引」も性差別では無いのかな?とも思います。
しかし、格式は格式、差別は差別、コレはコレと一つの価値観のみを押し売るのでは無く、もっと物事を多面的に観た場合に必要と有らば格式を破る勇気も必要なのかなぁ?と思うんですよね。

図らずも今回の一件で「女性が土俵に上がるな」と的外れな怒りを振りまいている人も見受け、其れ以前にルールを破って自らの主張を通そうとした事に怒れよ?と、このおたんちん女性と同じ位の呆れを覚えてしまう主張を散見しておりますが。
卵が先かコロンブスが先か(わかっててコロンブスにしてます)そんな話では無くて、守るべきは「格式」では無く「社会のルール」で有り、その事柄に早く気付いた上で、改めて「女性が土俵に上がれる社会」と「女性専用車両の必要の無い社会」について考えられんもんかなぁ?と、早起きしまして思う次第です。

まぁ。
でもね。
大阪のオバさん市長みたいな「土俵に上がる事」をジェンダーフリーの一環みたいに「方法が手段」になって本末転倒に陥っている人には上がって欲しくは無いなと思いますね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
9/20(木) 乱入女
何に抗議?土俵に女性乱入、高見盛らが取り押さえる たぶん自分も相撲を取りたかったんだと思う。 ★風香
URL 2007/09/20(Thu)09:06:52
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/09)
(10/08)
(09/26)
(09/24)
(04/01)
プロフィール
HN:
anpoliことhisaki
性別:
男性
職業:
無人君
趣味:
独白
自己紹介:
突然「趣味?」って聞かれてもなかなか難しいもんですね。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
≪PREV HOME NEXT≫