忍者ブログ
 手前ブログとしては勿論、ホームページの感想等を書いて頂けると幸いです。
399 398 397 396 395 394 393 392 391 390 389
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お久しぶりでございます。anpoliことhisakiでございます。
長らく更新出来なかった理由はさておき、今日から少しずつでは有りますがブログの方も再開していきたいなと画策しております。

で。
何故に突然の更新と相成った訳かと申しますと。




実は東京の方に4泊5日の銭のかからない小旅行をしていたワケで有りまして、昼間は歩け歩け運動の如く全く地理の無い土地でお金のかからない目的地を目指して1日約30km〜40kmの迷子行脚を楽しんで参りました。




で、泊まった場所はなんと山谷のドヤでございます。1泊2700円の安宿の中でも若干の格式を持つ外人さんバックパッカー向けのトコだったのですが、この山谷(正確に云えば南千住近辺)を拠点として、色々と東京のディープスポットを廻らせて頂いたのでございます。

東京。
やっぱり憧れていた街は違いました。
特に僕は幼少時代の貧乏生活の記憶が心の底で燻るのか、労働者とホッピーの街・山谷に1日ですっかり馴染み親切に挨拶をして下さる外人さんバックパッカーの方々なんとか拙い小学生英語で返答をしながらも、其の不安感すらも楽しみに変えて一日12時間以上の歩け歩け運動を楽しんでいたんですが。

上記しました通り、歩け歩け運動は別にやりたくてやったワケでは無く、悲しいかな上記しました通り土地勘も無い上にベンチマークとなる建物(例えば浅草の雷門とか九段下と市ヶ谷の中間に有る靖国神社、歌舞伎町へと連なる靖国通り等)よりも背の高いビルが軒を犇めき、其のビルに隠れるベンチマークの建物の位置が全く把握出来ぬ中で暗中模索と歩んだワケで有りまして。。。。2年前にも書きましたが東京の懐の深さをまざまざと見せつけられた形となりました。





主な歩んだ街や建物(興味の有るモノ)として、山谷全域、隅田川公園、日比谷公園、上野公園、浜離宮恩賜公園、靖国神社、神楽坂、朝9時の銀座・丸の内・東京駅付近、池袋、新宿、昼の歌舞伎町と夜の歌舞伎町。この他に個人的に食してみたかった北海道では食べられない本州めしとも呼ぶべきラーメン二郎と餃子の王将に立ち寄ったり、ノープランで常にあっちでぶらぶらこっちでぶらぶら、気付くと額を流れる汗が全部塩に変わるぐらいまで東京満喫といきましたが・・・・実はまだまだこれだけでは納得していなかったり・・・・。
少なくとも、川崎市、横浜市(中華街・寿町)、代々木公園、公園の炊き出しの列に並ぶ、夜の六本木・銀座・新橋・浅草・・・・ココまで足を伸ばした上で自分の中で東京と云う概念を上手く咀嚼溜飲出来たらなと考えていたのですが、如何せん貧乏旅行の筈が3日目の歌舞伎町に財布の中身を飲まれてしまい、悲しいかな今回の旅はここまでとなってしまいました。

次、恐らくはゴールデンウィークを過ぎたあたりにもう一度東京チャレンジ出来たらなと考えています。

で。
不思議に思う方も居ると思うのですが、何故東京に4泊5日も出来たのかと申しますと・・・・お恥ずかしい話なのですが、未だ仕事をしていない完璧無職の状態を続けております。
此の事に関しては次回のブログ更新の際、書かせて頂きたいなと思います。

むしろ。何故に東京行脚を敢行したのかと申しますと。
常々、今自分の書いている長編読物「イナーシア」の文章による背景表記にリアリティが無さ過ぎるなと云う恥の念と、もう一つ。完璧に僕自身が築いた「心の柱」が崩れ去った後、歪な積み木を必死で積む様に、むしろ賽の河原で意思を積む子供の様に圧迫感・不安感を堪えて平静を装い文章を書く努力をしていたのですが、如何せん、崩れた心の柱を象徴するように、まるで面白みも無い平面的でのっぺりとしていて、それでいて文章も稚拙で創造力にかける駄文の量産しかできなくなっていた自らの心の病みを案じ、いっそ、其の「リアル」とやらにダイブしてやろうとの考えから自然と足が東京へと向ったのだと思います。

「リアル」って何だろう。
近い意味で、見聞を広めると云う言葉をバックパッカーの方々は言われますが、其れとは少し違う様に思えます。
誰も自身を知らない土地で、只一人孤独に歩みながら足と腕と体と脳そして遺伝子に刻み付けてゆく精神への彫刻とでも言うべきか。
本当は何も知らないのに、誰かと一緒じゃないと行動出来ないだけの事なのに「リアル」と喚く人々の浅い感性とは違う、妙に生々しい「汚い」と「綺麗」の二律背反を同時に受け止めた上で其のどちらの意味を介す事こそが本当の「リアル」へと近づく意味ではないのかな?なんて、この短い期間、4泊5日の間に思い馳せていた次第です。

そして。東京に憧れる僕が居ます。
「汚い」も「綺麗」も全て背負った場所でもっともっとその深いところへとダイブしたい気持ち・・・・。それと、北海道のど田舎で安穏と暮らして行くだけの緩やかな死へと向う人生も有りかなと云う気持ち・・・・。其の二律背反に挟まれながらも、ならばいっそのこと行けるとこまで行ってみたいなと思う所が今は強く心の奥底に在りますが。

ふと。
東京は高学歴高収入の才色兼備で気鋭なるビジネスウーマン。
北海道は低学歴低収入の普遍・調和を求めて腐る土性っ子野郎。

そんな意味のわからない比喩が浮かぶ様な、言わば「身分が違う禁じられた恋」と似た感覚の憧れが僕の一歩踏み出そうと考える知的好奇心と云う性の足を竦ませるのか・・・・早まらせるのか・・・・。帰路についてから、考えれば考える程、僕が東京に行った理由。そして、僕が東京に居たい理由と云うモノがわからなくなり・・・・一人今の時間まで悩んでおりました。

まぁ、とりあえずはブログ復活を一人祝したいなと。今日はこの辺で。おやすみなさい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/09)
(10/08)
(09/26)
(09/24)
(04/01)
プロフィール
HN:
anpoliことhisaki
性別:
男性
職業:
無人君
趣味:
独白
自己紹介:
突然「趣味?」って聞かれてもなかなか難しいもんですね。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
≪PREV HOME NEXT≫