忍者ブログ
 手前ブログとしては勿論、ホームページの感想等を書いて頂けると幸いです。
370 369 368 367 366 365 364 363 362 361 360
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そうそう。
最近、こちらのブログを(メインなのに)またサボり気味になっていたので更新致します。

  

先週、友達とスノボに行ってきました。
まぁ、今日のエントリーとはあまり関係の無い話ではありますので閑話休題。

で、今日のエントリーは「ゲゲゲの鬼太郎」につきまして。
実は、スノボが終わって友達の家泊まった翌日、初めて「ゲゲゲの鬼太郎」のアニメを見てしまいました。
・・・・うーむ。見てしまいました・・・・って言い方もあんまり良くは無いのですが、齢26のオヤジでございます僕にとって、アニメと云う存在は恥ずかしい以外の何者でも無いのでございまして、実のところどれだけ興味の有るアニメでも恥が先に立ってしまいなかなかチャンネルを廻す事が出来ず終いでした・・・・。
で、何が何やらしているウチに見るチャンスが巡って参りました。
およそ10分程度しか見る事が出来なかったのですが、最新版ゲゲゲの鬼太郎の感想は?と言いますと。何と言いますか。面白そうとは思うのですが、其れ以上に、オタク文化に対する擦り寄りをどことなく感じてしまう出来では有りました。

なんちて。

実は、アニメを見る勇気は無いクセに、こっそりと下記のブログで画像だけを嗜んで(勉強させて頂きまして)どんな話なんだべかなぁ?と想像している軟弱なオタク野郎な僕でございます。

http://d.hatena.ne.jp/mikberry/20080212/p1#seemore

http://blog.livedoor.jp/fxnhe622_fxhnx801/
archives/51187956.html



要は、興味が有るクセに勇気が無いのですよね。
何と言いますか、スノボに初めて乗る前の「どーせ自分なんて乗れませんよ」的な、行動を起こす前から漏らす諦めと恥ずかしさの入り交じったの吐露に似ていると言いますか。興味と云う本懐を恥と云うオブラートで包み込み過ぎてるだけなんですよね。最初っから無理無理。みたいな。なんだか潔く無いオタクでございます。いひひ。

さて。
それとは別に欲求が溜まっていたのか、今日、鬼太郎のアニメの夢を見ました。

内容はと申しますと。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ある町のある公園、人工的に作られた小川がせせらぐ公園の片隅に誰も使用しないトイレが有りました。
と、云うのも、そのトイレを用を足そうとした人間が何者かに性器と尻を突起物で突かれてケガをすると云う事件が多発したからとの話で・・・・。
其の怪現象があまりに頻発に起きるので、被害を受けた少年が妖怪ポストに(今のアニメに妖怪ポストなんて有るのかな?)助けの手紙を投函し、その相談を受けて鬼太郎は件の場所へと向かいました。
何も変哲も無い公園の片隅に有る真新しいトイレ、鬼太郎はとりあえずトイレで用を足してみようと便器に向かって放尿をしてみると、突然、便器の中から『妖怪』が現れて、鬼太郎のちんこを竹槍で刺そうとしたのですが・・・・予め、事態を予見していた鬼太郎は、自らの小便の中に、身体の中で溜め込んだ毒素を混ぜ込んだ『毒小便』を放って是を撃退し、その妖怪は毒小便の毒素にヤラれて瀕死の状態に陥ってしまいました。
すかさず、鬼太郎の尻目掛けてもう一匹の妖怪が竹槍を突き立てようとすると、下駄の一蹴りで妖怪を跳ね上げ軽く撃退してしまいました。

二匹の妖怪を見遣ると、一匹は「山童(やまわろ)」と云う河童型の妖怪、もう一匹も同じく河童型の「がんぎ小僧」と云う妖怪でした。
もともとこの二匹は戦闘に適するような妖怪では無く、河原を通りがかった人間を驚かせる程度の力しか無い人畜無害な存在でしかなかったのですが、この二匹が手を組んで、竹槍と云う「人間の武器」を用いてまで人間に害を成そうと云う魂胆はいったいどういう事なのか?と鬼太郎が問いただすと、がんぎ小僧は悔しさを噛み締めながら答えました。
もともと、この公園に有る河原は自分たちが住んでいた河原だった。しかし人間が突然この河原に現れて、河を埋立てて勝手に人工的な小川に作り替えられてしまったのだ・・・・と。
二匹の妖怪は必死で此の場を守ろうとしたのですが、人間の用いる『ショベルカー』や『ブルトーザー』の前では何も出来ずに、ただただ破壊されていく河原も見ている事しか出来ず、その悔し涙を噛み締めるうちに、いつしか人間に対する憎悪が燃え盛り、非力な彼等は人間の用いた「竹槍」を使って人間達に仕返しを行なう様になったのでした。

しかし、鬼太郎に成敗され、山童は毒に犯され瀕死となり、がんぎ小僧も鬼太郎の蹴りの一撃で戦意を喪失してしまい、結果としては「河原を守る事」が出来ず終いとなってしまいました。

鬼太郎は言いました。河原を失ってしまったのならば、僕らの住む「異界」に来いと。
しかし、がんぎ小僧は其れを拒否しました。自らの育った、今は亡き河原への愛着が有るから此の場を離れたくは無いと。
そして、山童も這々の体で有りながら、がんぎ小僧と同じく此処を離れたくは無いと述べました。

説得しても無駄だと悟った鬼太郎は山童の毒を癒す(恐山妖怪病院を紹介)かわりに、もう人間への危害を加えないように命じますと、二匹は黙って頷きました。

所変わって、鬼太郎達の住む『異界』
帰ってきた鬼太郎が事の次第を仲間達に話すと、猫娘(僕の記憶の猫娘は、赤い服を来たブサイクな感じのキャラクター)は溜息まじりに漏らしました。

どんなに妖怪が超自然な存在であろうとも、機械や薬物を操る人間にかかれば一捻りなのだろうな・・・・と。そして、妖怪達は人間から住む場所を奪われ続けるのだろうな・・・・と。

その言葉を聞き、鬼太郎は深く頷くとこう答えました。



結局、人間様には叶わない・・・・。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まぁ、夢の話ではありますので、かなり矛盾点は有るとは思うのですが、有る意味ではかなり「妖怪」と云う存在の確信を突いているカナ??と。どうでしょうか。どですかでん。
実際、妖怪とは、本来人間が皆持っていた「自然への畏怖」を具象化させた存在であり、何処其処には何が居るから近寄っちゃいかん=踏み込んではいけない自然の領域、即ち自然への敬意の感情がそのまま妖怪を生み出したと言っても過言では無いのですが、昨今、人間は自然に対する畏怖や敬意を忘れて環境破壊を繰り返し続けている事、その事こそが今回の夢へと続くキーワードなのかなぁ?と、一人感慨深く思い出しておりました。

まぁ、読んで気付く人は気付くかもしれませんが「うしおととら」の遠野のカマイタチ三兄弟の話の焼き増し粗悪品な夢ではございます。あと、最後の鬼太郎の台詞は「寄生獣」のミギーの台詞ですね。

ですが、確か現在放送されている鬼太郎も「妖怪横丁」と云う、妖怪だけが住む事の出来る、言わば『異界』に所狭しと妖怪達が住み着く羽目になってしまっているのも・・・・もしかしたら、環境破壊の末に住む場所を失った悲しい末路の果てなのでは無いかな・・・・・なんて思いを馳せておりました。

道にゴミを捨てると、一匹のキジムナー(もしくはコロポックル)が涙を流す。
そう考えて、自然環境の保全に取り組む事も必要なのかな?と、色々と考えさせられる夢でございました。



ちなみに、過去にも書きましたが、僕がゲゲゲの鬼太郎の中で一番好きな妖怪は「ペナンガラン」です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
豆腐小僧と濡れ女のロマンスを By
アレですね、闇は“萌え鬼太郎”は一度見てパスでした(苦笑)
猫娘が可愛いんですもん(笑)アウト。

闇は水曜日の深夜に放映されている“墓場の鬼太郎”は毎週録画しております(笑)
しかしこちらも“しょこたん”を声優で使ったり歌わせたりと中々の媚びっぷりでは有りますが(笑)

やはり、鬼太郎は当初は決して“正義の味方”なんぞではなかったので、それをトレースしているので好きですね。
大人版の鬼太郎なんて、アル中だし(笑)

2008/02/16(Sat)10:18:26 編集
おれぬんな By anpoliことhisaki URL
すみません!!返事が遅れてしまいました。
実は、今日(正確に云えば昨日)誕生日であったのですが、ひかりさん・・・・じゃなかった。闇さんに「誕生日おめでとって言って下せ」メールを送った所、何故か届かず終いで嘆いておりましたanpoliことhisakiです。

ゲゲゲの鬼太郎・・・・僕は鬼太郎が大好きなんでどんな形になっても見たいなぁ・・・・と願ってしまうオタクではございますが、なんだか猫娘が凄い事になっててびっくりしました。あとろくろ首が美人なもんで。

まぁ、でも、時代にそぐう形での放送なのでアレもアレで有りかなぁ・・・・と、僕なりには思いました。見るのこっ恥ずかしいから見れなくて残念無念なのですが・・・・。

ちなみに墓場鬼太郎は北海道では放送されとらんみたいなので、youtubeで何話かこっそり閲覧させていただきました。ダークな感じで僕もあちらのが好みですね(笑)
2008/02/22(Fri)00:42:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/09)
(10/08)
(09/26)
(09/24)
(04/01)
プロフィール
HN:
anpoliことhisaki
性別:
男性
職業:
無人君
趣味:
独白
自己紹介:
突然「趣味?」って聞かれてもなかなか難しいもんですね。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
≪PREV HOME NEXT≫