忍者ブログ
 手前ブログとしては勿論、ホームページの感想等を書いて頂けると幸いです。
405 404 403 402 401 400 399 398 397 396 395
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お久しぶりです。anpoliことhisakiです。

実は昨年6月末よりmacが起動不能となり、12月末まで全くインターネットの無い生活をしていました。おかげさまで久しぶりのキーパンチも覚束ないみたいで・・・・。

この半年間、いったい何処をどうほっつき歩いていたのかと申しますと、7月初旬より友人の紹介で飲食店でアルバイトをしながら社会復帰の窓を探して模索していました。
飲食店と云うのも居酒屋の調理スタッフであり、今まで働いてきた仕事とは全く違う畑でして・・・・最初は悪戦苦闘しましたが、過去に魚屋でアルバイトしていた所以、包丁の扱いだけはどうやら半人前に出来るらしく、なんとかこの半年の間に居酒屋のほぼ全てのメニューをマスター出来るまでになりました。

一度違う畑を耕してみて気づいた事はといいますと、何と言いますか。丘にあがった河童と言えば聞こえは悪くないのですが、とどのつまり、最初は右往左往するばかりで、お恥ずかしながら自分よりも8つも9つも年下の先輩に詰られたりもしまして・・・・。ああ、生きるってのは大変だなと、そして、僕自身、料理のイロハを知ってるつもりで実は何も知らないのだなと、またしても自身の知識の矮小さに深い失望を覚えるばかりの毎日でした。
しかし、1ヶ月も過ぎると仕事の流れにも慣れ、4〜5ヶ月目で初めて「君が居るなら厨房は大丈夫だね」と言ってもらえるほどの技量・・・・いや作業と称した方が的確かな?と信頼を勝ち得る事が出来、また、短い月日の間に沢山の仕事仲間と交流を持つ事が出来てなんだかんだで良い職場で働かせてもらえたなと感謝しきりでした。

すなわち、前文が過去形なのは、1月末を持ちまして退社した次第なのです。

9月の頭に其処の責任者の方から正社員にならないか?とのお誘いも有りましたが、その際、きっぱりと断りを入れてしまい、忙しくなる12月と1月だけは居てほしいと頼まれてこの時期までアルバイトをしていました。

ただ、良い話を断ってしまい、断固として1月退社を遂行してしまった身勝手さも有る僕の為にささやかな送別会を開いていただけた事、其の居酒屋で大事に育てていただいたご恩、そして、失いかけていた自我と自信を取り戻させていただいた事、本当に感謝しきりの半年間でした。

さて。
これから何をしようか。
全く未来の展望が無いままの退社ですので、これから職探し・・・・おそらく前に居た業界に1年のブランクを経て戻ろうと曖昧な気持ちでは居るのですが、なかなか難しいものです。28歳からの就職活動。悩みどころです。

しかし、そう考えていてもなかなか先へは進めませんし、仕事云々とは別に僕の中で昨日一つの指針が芽生えて来たんです。

昨日、久々に自分の書いた「izaブログ」「小咄」を読み返してみたのですが、読み進めるなり、何度となく自身の文章感覚の絶妙さに笑いを覚え、其の瞬間、まだ僕ぁ死んじゃあいないんだと自信と言いますかモチベーションと言いますか、ふつふつと胸の奥から湧いて出て来てくれたんですよね。

他にも、izaブログ内で過去たびたびお世話になっているひかりさんから僕の携帯へ激励のメールが届いた事、それともう一つ、僕の専門学校時代の友達ワッシー君が「絵」を続けていた事、其の一つ一つの事柄が僕の中でのヤメタラスを退治してくれまして、今此処にブログの再開が出来たのだなと、其の事についても感謝しきりです。

そう。
今やらなくちゃいけない事、其れは、過去の自分の文章感覚を追い越すために、まずは文章を書く、書く、書く、其れをやらなくては止まったままの小咄や長編読物にも手がつけられないと思う所です。

其れと、僕のバックボーン・骨子たる「溢れものの逆襲」此のテーマに則り、今まで僕をさんざ虐め続け苛め続けた『自身』との決別、そして、其れを昇華した上で「溢れもの」なりにいかにして逆襲の狼煙をあげるのか・・・・其れをテーマにまずは初心である此のブログから再会してみようとの運びとなりました。



話を戻しまして、月日を経て「仕事の後輩」から「人生の先輩」に昇格した僕にとあるアルバイトの子がこんな事を言ってきました。

「日々を悔いなく生きる。これが俺のテーマです。」

僕は其の際、彼にこう返しました。

「俺は常に日々を悔いて生きている。悪い意味じゃなくて、其れは過去の自分の失敗を繰り返さないために設けたハードルだから」

と。

此の言葉、僕は絶対に裏切らない事を此処に宣言したいと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おお、お帰り! By
いやいや、こちらこそお世話になっておりますです。
そうそう、メールなんですが、私、相も変わらず海外(マレーシア)に出張してまして、一時停止していたのですが昨日日本に戻り、今日、携帯を再開したところメールに気付きました。
遅くなりましたが僕の方も、番号送りますので、いつでも電話ください!!
まぁ、ヒサキさんが元気で頑張っていたのが分かって安心しましたよ、うん。
ちなみに俺のテーマは「日々、いや、その刹那、人生が終わっても笑って逝ってやる」でございます。そしてあの世で自分を始めて褒めてやろうかなと。「クズの割にはよくやったんじゃねぇか?俺」と。
2010/02/19(Fri)17:19:55 編集
ただいまです! By anpoliことhisaki
どうも!文章の上ではお久しぶりでございます!anpoliことhisakiがついに満を持して復活しましたが・・・・。なかなかizaの方には書き込みにくいと言いますか、先日ひかりさんともお話した通りですが「書く意味を見いだせない」感が漂い・・・・未だ滞り中です。

そうそう、電話の時点では仕事は決まっていなかったのですが、嬉しいかな先日遂に僕をサルベージして頂ける会社に巡り会いました。明日が其の出社なのですが、どうか・・・・「自分の失敗を繰り返さないために設けたハードル」を乗り越えられる様、応援して下さい!

そして僕は恐らく、日々刹那、笑うフリはすれど、やっぱり懺悔に勤しむ毎日を送らざるを得ないのかなと、ナイーブ(英語でバカと云う意味)な自分から脱却できていませんが、僕もいつかは本当の笑顔を見せられる様、そして自分自身を褒める事が出来る人間になれる様頑張ります。
2010/03/08(Mon)00:35:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/09)
(10/08)
(09/26)
(09/24)
(04/01)
プロフィール
HN:
anpoliことhisaki
性別:
男性
職業:
無人君
趣味:
独白
自己紹介:
突然「趣味?」って聞かれてもなかなか難しいもんですね。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
≪PREV HOME NEXT≫