忍者ブログ
 手前ブログとしては勿論、ホームページの感想等を書いて頂けると幸いです。
420 419 418 417 416 415 414 413 412 411 410
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お久しぶりですanpoliことhisakiです。
2度目の警察官募集試験。見事一次審査での不合格となりました。
なんともはや。死力を尽くしたと言っても過言では無いこの半年間、其れが「点数」と云う区分けによって、僕という存在が全否定された瞬間でもあり、正直、意気消沈の限りでありましたが、日が経つにつれて色々と感慨深くも前を向ける様になったと自負しております。

特にテストに関しては、試験中に30点は確実に稼いだ自信が有りながらも結果は惨敗中の惨敗。箸にも棒にも掛からない結果に、僕と社会との大きな壁を感じざるを得ませんでした・・・・が、得た物も大きかったのではないかと今は思う所です。

地方公務員試験の難所である判断推理・数的推理はほぼ確実に解ける様になり(数学的要素が絡むと怪しい所では有りますが)機敏に問題の中に隠された真意を読み取る力、其れに関しては試験を受ける前よりも格段に力が付いたのではないかと、僕の中では確固たる自信を持っております。

特に勉強も佳境に入った際、「公務員試験のウラ(正式名称はナイショ)」と云う参考書を読み、筆記試験に関しては些か問題を「神聖視」しすぎて、1から10までの全ての知識をフルに活用して解かなくてはいけないと気負っていたのですが、其れが試験を受ける上での大きな穴と成る事に気付きました。

所詮は5択の引っ掛け問題。其の引っ掛けを作る人たちのウラのウラを読めば良いだけ、其れだけの事であり、問題を作る人。採用側の方々の思惑としては、頭でっかちに問題を隅々まで読み上げて知識のみで答えを導き出す事よりも、判断力と機転、そして問題傾向から間違いを見つけ出して消去法で答えていく事、その事が最も重要となのだと、今回の試験で特に確信を持ちました。(本当は更に裏技的な方法も有るのですが、其れを書いてしまうのもこれから公務員試験を受けられる方が読まれた時に問題の意図を勘違いしてしまいそうなので、この程度の表現でご容赦願いたく存じます)

そして。其処までの境地に達し自信を持って受けた結果がコレだった事も多分に承知しています。

今はまだ決めかねている状態ですが、これ以上母に迷惑をかけるのも心苦しいばかりなので、これで警察官試験を辞めにしようかな、と云う気持ちが、今、僕の心の八割を占めております。

−−−−−−−−−−−−−−−−

話は変わりますが、先の東日本大震災により太平洋側北部では今も生活に困窮されている方々が僕の想像の及ばぬ程に居り、昨日、被災地(東北三県では無く茨城県北部)に赴きボランティア活動をされてきた友人のお話をお聞きしました。
被災地の避難所には民営避難所(石原軍団が炊き出しに来る様な所)と認定されていないボランティアのみで運営されている非認可避難所の二つが有ると御聞きしました。
例えば、岩手県の大槌町や陸前高田市、宮城県の石巻市の様に「復興のシンボル」として多くの著名人やボランティアの方々が訪れる所も有れば、同じ被災地で有りながらその日の着衣にも困窮する被災地も有る事。其れを耳にした際、現在マスメディアで流されている情報は所詮奇麗な上澄みの部分を御涙頂戴で流しているだけに過ぎず、本当に助力を欲している所に物資が届けられないと云う現状・・・・僕は其処に憤りを感じずには居られず。今、此の時を利用し、少しでもお力添えに成ろうと、友人と連絡を取り実際に被災地で素人ながらもボランティアとして働いていきたいと考えており実行に移す所存です。

とりあえず、前へ。前へ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/09)
(10/08)
(09/26)
(09/24)
(04/01)
プロフィール
HN:
anpoliことhisaki
性別:
男性
職業:
無人君
趣味:
独白
自己紹介:
突然「趣味?」って聞かれてもなかなか難しいもんですね。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
≪PREV HOME NEXT≫