忍者ブログ
 手前ブログとしては勿論、ホームページの感想等を書いて頂けると幸いです。
347 346 345 344 343 342 341 340 339 338 337
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々にキック・ザ・カンクルー「マルシェ」を聴いています。




ヘヴィなHIPHOP界では異端児であり忌み子的な存在である彼等。彼等の音楽はオレンジレンジに代表されるセルアウト路線のポップ基調が深く刻まれた、一般的なヘヴィなラップとは全く違う耳ざわりの良い優しい歌の数々です。

で。
其れ以前の話なんですが、最近、またドラゴンアッシュも聞き出してふと思い出したんですが、アレ、降谷建志が敬愛していたZEEBRA主催のへヴィHIPHOPの重鎮、キングギドラの「公開処刑」って曲のディス(非難)文句アレの中にキック・ザ・カンクル−をディスってるのが有ったんですが、ふと其れを思い出して色々と調べてみました。


なるほど。


彼等(キック)が何故この柔らかい路線を進めて来たのかと云うと、「悪くて黒くてカッチョイイ」と云う閉塞したHIPHOP界に対する反逆の意味が有ったんだなぁ、と。闘い方は一つではないんだと改めて思い知らされました。

wikipediaにも書いて有りましたし、キングギドラの「公開処刑」で色々検索してみたりすると、別にキングギドラだけでは無くヘヴィな側に傾倒する団体方々からも多々ディスられているみたいですが、其れに対して全くアンサーを出さない彼等の姿勢、その姿勢の本懐がマルシェの歌詞に有るのかもなと今ふと思ったんですよね。


「yeah 誰も置いてかない こっちの世界を覗いてかない?
 連れてきたい 触れてみたい …てか全て見たいんだ!」



こう。
HIPHOPって、まぁ50CENTなんかの有名どころしか知らない僕みたいな音楽音痴が語るべきでは無いのですが「コレはコレ」と云う一つの価値観から外れる事を非常に嫌う、ある意味では非常に「保守的」な空間なんだと思います。(まぁ、映画の「凶気の桜」に呼応する所もココに有るのかな?)
で、その外れた路線の存在に対するディス。其れは、ある意味では完全否定で有りながらも、ある意味では叱咤激励の類いなのかもしれません。
ですが、HIPHOPのバックボーンって、本場のアメリカの中で煮詰められた「悪くて黒くてカッコいい」みたいな流れを本懐としているフシを多々感じ、そういった「オレってハッキリモノ言えて、悪くてカッコいいべ?」的なフシも僕達ライトユーザーには受け取れたりもするんですよね。

そういった毒とも劇薬ともとれる部分を全て消しさって、ライトポップな路線を歩んできた彼等(キック)には、闘う姿勢と認めあう姿勢の両方の「強い意思」を感じ取れます。
誰の批判も全て受け止める。反撃をしないのでは無く、明るい歌詞の全てに現行のヘヴィHIPHOPに対するアンチズムを乗せ、暴力の鎧の威光に乗せて威張り散らさず、誰も置いて行く事無い優しさ。

其の「優しさの強さ」に賞賛を送りたいな・・・・と、彼等が活動停止してからだいぶ経ちますが改めて思わされた次第です。




ところで。コレって。
思想にも似てますよね。保守やリベラルといった。
いや、この件を「思想」に変換するならば。ごりごりの右翼と、ライトな保守思想家って具合の関係なですが。


そして、僕はキック側かな・・・・と。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/09)
(10/08)
(09/26)
(09/24)
(04/01)
プロフィール
HN:
anpoliことhisaki
性別:
男性
職業:
無人君
趣味:
独白
自己紹介:
突然「趣味?」って聞かれてもなかなか難しいもんですね。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
≪PREV HOME NEXT≫