忍者ブログ
 手前ブログとしては勿論、ホームページの感想等を書いて頂けると幸いです。
422 421 420 419 418 417 416 415 414
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

また今日も一日が暮れてゆきました。
こんばんは、anpoliことhisakiです。

此処数日の間、これからの身の振り方を考えて色々調べ事をしている間にホームレス関連のYOUTUBE動画を見る事が多くなりました。



元々三年前に東京ぶらり旅をしていた際に僕が選んだ宿は上記リンクに在る、南千住駅から徒歩15分、山谷地区と呼ばれている場所で、国内有数のドヤとホームレスの街としてディープ界隈の方々には有名な空間であります。

其処を中心として調べるにつけ、ホームレスになる理由として大きく分けて三通りの人々がいる模様で。


1.自由に生きた末の安住の地としてその路を選んだ。


2.怠惰に生きた代償を払い其処に転がり落ちた。


そして。


3.勤勉に生きて尚、その真面目さと不器用さが仇となった末に行き尽かされた。


動画から、またネットに書き連なった言葉の端を読みあさった結果、僕の独断と偏見も有りますが、この答えが導き出されました。
1に関しては自由を最期まで謳歌する人の気高さ。2はあまり好きな言葉では有りませんが自業自得。どちらにしろ・・・日本人1億2500万人も居れば必ずどこかしらに落ち着く場所が有るのだろうと云う意味では納得出来たのではありますが。

3に関して。少し前の話になりますがリーマンズショックから始まった日本経済の更なる衰退の副産物に飲み込まれた人達の歩まざるを得なかった路を思うと胸が苦しむのと同時に・・・僕自身は怠惰の部類に入るのでしょうが、もしかすると自分の行きつく末も此処なのかなと考えさせられます。

ホームレスとして生きると言う事は、文字通り「家が無い」と云う意味にも連なり、家が無い・・・住所が無いと云う事は仕事探しもままならず、まして、家の無い人間に就職を斡旋してくれる訳もなく、まるで螺旋階段を下るが如くずるずると墜ちて行く、すなわち、一度「住所」を無くしてしまえば最早「人間」と見なされずに如何に向上心が有れど親戚や友人等(住所や就職斡旋の意味も含む)のコネの無い人は其処に留まらざるを得ない状況になる事を、昨日になって初めて知りました。(但し、ホームレスの方に住所を一時的に提供し、就職の手助けを行う団体の存在も存じてはおります。)


僕は無知なのだなと改めて実感させられました。


例えば、今僕が実家を捨てて他都府県に仕事を探しに行ったとしても、奇跡が起こらない限りは恐らく3のスパイラルに嵌り、結果ホームレスへと落ち着くのだろうな・・・と。

ただ、住所を失うだけで人間としての尊厳すらも失ってしまう、そう考えると僕はまだ恵まれているのだろうなと考えるとともに、今から自分のやろうとしている事が如何に無謀なのかも考えさせられ・・・今日は何一つ「せいいっぱいのうんこ」を放り出す力も・・・無くなってしまいました。


でも、諦める事だけはしたくない。


神様って居るのかな?もし居たとしても、怠惰な人間には其の恩恵を与える事は無いのだろうなと、そして、その怠惰たる人間の見本こそが自分自身なのだろうと考えながらも・・・まだ、もがき続けたい所存です。

それでは。失礼いたします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/09)
(10/08)
(09/26)
(09/24)
(04/01)
プロフィール
HN:
anpoliことhisaki
性別:
男性
職業:
無人君
趣味:
独白
自己紹介:
突然「趣味?」って聞かれてもなかなか難しいもんですね。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
≪PREV HOME NEXT≫