忍者ブログ
 手前ブログとしては勿論、ホームページの感想等を書いて頂けると幸いです。
422 421 420 419 418 417 416 415
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、『面白い』の概念がわからなくなっています。
誰が見ても笑う面白いやニッチな趣味の人だけが共有できる面白い、其れに単純に自分だけが楽しめる面白い。面白いにも沢山の形が在る事は存じてはいるのですが・・・過去の自分から比べて、その多種多様な『面白い』が全く見えなくなってきているな、と。何度か面白いに挑戦してみてはいるのですが、その場所を超える事はおろか行き着く事も出来ずに、脳内の『面白い』の定義の堂々巡りばかりをしています。

うーん。
恐らく、過去の自分は『面白い』の高み(所詮、自己満足ではありますが)を超えた事も何度か有ったりもするのですが、其の過去と現在を比べると、何個か問題点と言いますか・・・こりゃ、どんなに無い頭を捻っても『面白い』が出てこないだろう理由が幾つか浮かびます。

まず、自分に自信の無い人間にそんなものは生み出せません。更に、過去の自分は人との交流を今と比べるとかなり積極的に行っていたため語彙や思考の多様性を理解して吸収してきた事と、そして今の現状(人と会わず、話さず、コンタクトを取らず)を比べると心底辿り着けぬ理由が理解出来ます。

最後に、壊れた器に何度、他者の持つ語彙・思考・ドグマ・矜持、そういったものを汲み入れて行こうにも、ひび割れた器から汲み入れた側からこぼれ落ちてく事こそが一番の原因、すなわち心の器の崩壊こそが一番の原因なのだろうなと推測します。

齢を重ね人は利口になっていくものなのですが、それはしっかりとした芯と言いますか・・・器が存在する方にとっての事実であり、器の壊れた人間にとってはそういった『汲む』と云う行為よりも、まず第一に必要なのは器を『治す』事の方なのではないか・・・と、面白い面白く無い以前の問題で蹴っ躓いてるのだろうと考えております。

そう。
こうやって、胸の内に思う言葉を書き連ねる事も僕にとっては器を治す要素の一つになるのかもしれないなと想い、推敲せずに今思う所を書き記してみました。

それでは、誰も読んでない、そして読む気分にもならないし何の価値も無いであろう嗚咽を吐いただけなのではありますが・・・今日の所はこれにて失礼します。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
(10/09)
(10/08)
(09/26)
(09/24)
(04/01)
プロフィール
HN:
anpoliことhisaki
性別:
男性
職業:
無人君
趣味:
独白
自己紹介:
突然「趣味?」って聞かれてもなかなか難しいもんですね。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
≪PREV HOME NEXT≫